お粗末財務大臣の醜態記者会見

自己管理もできないでは辞任も当然。しかしあのような醜態をどうして周りの人が止められなかったのかとどうしても思ってしまう。日銀総裁などまるで自分とは関係ないような顔で座っていたが、大臣は体調不良なので後刻質問には返事させますからと収拾することもできたはずと思う。要するに誰一人この国の信用や体面まで気を使う役人や要人はいなくなっているのだと思う。この国のキャリヤ官僚制度の弊害が重大問題となって久しいが、ようするにかっての修身で叩き込まれた徳目を教育される機会のない人たちが高級官僚になっているところに根本的な問題があると思う。話が横道へそれて行くが、明治以来の官僚制度は修身という道徳教育とセットになった制度だったことに気づかねばならない。教育の抜本的改革がすぐ無理ならばただちに公務員制度を改めるべきである。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中