巻き爪物語

巻き爪でお悩みの方は多いものです。外科で処置をしてもらって痛々しい傷跡にまた巻き爪がくい込んでいる人、丸めた画用紙みたいに丸まってしまっている人等等。巻き爪を主訴として来院する人はいませんが、その他の主訴を持った患者で足の親指の爪が異様な形状になっている人は少なくありません。巻き爪の原因は漢方的に診れば考えるまでもないくらい素直な疾患です。肝気の鬱滞、これに尽きます。爪が痛い痛いといっている人でも鍼灸治療後にはもう痛みはなくなります。爪の形状が改善するまでには時間がかかりますが、その間、胸の痞えが解消するとか、イライラがなくなるとかその他の不定愁訴が改善しますので巻き爪のことは忘れてしまっていつの間にか以前ほどは変形の度合いも少なくなったことに気付くことになります。爪の異常であっても肝臓が病んでいると喝破した伝統医学の先人たちの偉大さにいつもながら最敬礼するのみです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中