咳がいつまでも治りません。

「カゼがいつまでもよくなりません」といって来られる患者さんによく聞いてみますと、「咳がここ数ヶ月続きます。咳止めをいくら飲んでも治らないのです」という人がいます。肺結核や肺ガンなどの人はごく稀で、ほとんどは私たちの言う肝虚血虚証の方です。病院にかかっているのに咳がいつまでも止まらないという方はまず鍼灸治療を受けてみてください。長くても2~3回の治療で改善することが多いのです。もちろん無用なお薬をながい間服用されれば身体が消耗していますから、体力の回復にはもう少し時間がかかるかもしれませんが、鍼灸治療でその回復もずっと早くなります。身体の中の血に潤いがなくなっているために発生した熱(これを虚熱という)のために胸が蒸されて咳き込むのです。咳止めや風邪薬では永久に治りません。鍼灸の様な身体の気の調整のできる治療法がいいのです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中