アトピーです。ハリが効くというのはホントですか?

アトピー性皮膚炎は皮膚科というよりも内科として治療すべきものです。アトピーのほかに頑固な難治性皮膚疾患はすべて皮膚に表れている内科疾患と理解すべきです。特に血液の鬱滞を改善する必要があります。専門医でありながら、小腸内壁の透過性亢進等々大切な問題が置き去りにされてただ表面の皮膚の見た目がきれいになればいいと免疫抑制剤であるステロイドを塗リ続けるのは治療者としての責任を果たしているとはいえません。もちろんステロイドを使わないで治療される医師もいらっしゃいますので情報を集めてそのような先生に診てもらうべきです。当院でも優れた先生を紹介します。


鍼灸は免疫の低下を改善し、アレルギーの治療にとても有効です。胃腸の強化や陰虚症状(身体の潤いが不足した状態)の改善など、急性期の痒みを伴う苦しみに最もよく効きますが、慢性期でももちろん治療を続ければ完全治癒に日々近づいてゆきます。ハリ治療というのは真に根本治療ができる治療法なのです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中