健康保険はききますか?

鍼灸治療に対し、健康保険は初回2630円次回以降は1520円を已むを得ざる場合の療養費の支給という名目で認めています。これは医師による適当な治療手段がないときに認められるということですから、今のところ医師による同意が最低限必要とされています。鍼灸に理解のある医者は極々少ないですから鍼灸治療というのはほとんど国民医療から締め出されてきたといえます。今、年30兆円以上ものお金が医療に費やされているにかかわらず、体調不良で苦しむ人たちは減ることはありません。各世帯での国保医療費もこれ以上の負担にはとても耐えられないところに来ていると思います。巷には医療への不平不満が渦巻いています。いったいこれはどういうことなのでしょう?いろんなことがいえます。まず現代医学はお金がかかる割りにその効果があまりあがっていません。膨大な医療関係者の利害が絡んでおりますから安直な言い方はできませんが、もっと無駄を省く工夫はすぐできるはずです。鍼灸治療がそこに参加できるならもっと効果的な国民の満足に足るサービスに貢献できるのですが・・いつになったらそのような日が来るものでしょうか?今のところはごく選ばれた人のみの治療サービスというしかありません。当院では理解ある医師がおいでになるので今のところ希望さえあれば医師による同意書を出していただけます。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中