熱があるときに施術してもいいのですか?

基本的に熱があろうとなかろうとそのときに必要な治療をすることで改善します。すなわち解熱します。ただ熱といっても身体が熱っぽい、蕁麻疹のように湿疹が出ているもの、顔がほてる、慢性微熱、等などから風邪による発熱、インフルエンザの重症迄様々ですから、もう少し丁寧な説明をしますと・・治療院まで何とか来れる程度であれば鍼灸は対応できます。問題は今まさに流行の新型インフルエンザのような発熱性の感染症の場合、一回の治療では到底よくなりませんし、肉親やごく親しい人以外は病院の外来へいっていただくことをお勧めします。重症でない普通の風邪であればハリ治療が見事な効果を挙げること請け合いです。普段からハリ治療のような気の調整を受けておけば免疫力が保たれ感染症に対する最後で最も信頼性の高い防波堤になるのです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中