池田市のハリ治療事故について

昨年の12月に、大阪府池田市の鍼灸整骨院で柔道整復師が無資格で行ったハリ治療後に、帰宅途中の当該患者が気分が悪いと整骨院に戻り、そのまま意識を失っていたが救急車による搬入先で死亡が確認されたと、先月中頃になって新聞やテレビで報道があった。[E:typhoon]


その後待てど暮らせどそれ以上の詳しい情報はなく、このような重要な案件を何ゆえにもっと詳細に検討し、今後に生かす事をしないのかと苛立たしい気持ちを抱く鍼灸関係者は私だけではないと思う。鍼灸師会や鍼灸学会、鍼灸学校関係者は当然、案件関係者から詳細な話しを聞き、今後の治療や事故防止に努めておられることと信じてはいますが・・。[E:hospital]


鍼灸で使うハリを外科の医師に見せますとどのような感想を漏らされるかといいますと、「こんなおもちゃみたいなちっぽけな道具でよく治療(そのようなダイソレタこと)などできるね?僕たちの外科道具を見たまえ」と笑われます。それほど、外科手術で使うメスや鋏とは比較にならないほどチャッチイ代物です。ですから注射針の穴に入るほど細い鍼灸のハリで人が死ぬなんて考えられないといわれます。肺にハリが刺さっていたから気胸が原因だということですが、気胸になっても一時的に呼吸が苦しくなるだけで、自然治癒することは医家なら誰でも知っていることです。もっとも、鍼灸治療にとっては気胸はイロハのイに当たるほど基礎的な注意事項ですから、およそプロとしてあってはならないことではあります。[E:cancer]


しかし、ハリは気の調整によってありとあらゆる疾病に対応することができるほど、持つ人の学術のレベルによっては効果の高い治療法であるゆえに、下手な治療をすればそれこそ今回のようなことが起きないとはいえないのです。無資格だからなったことで資格があるものがやれば大丈夫!という安易な態度では到底納得できないものがあるのです。[E:bell]


治療中に病態が急変して時には死に至ることは病院などではままあることと思います。医師が公認された治療法を行っている限り、(時には治ろうが治るまいが)医者は保護されています。当然です。それなくして治療などできるものではありません。しかし、鍼灸院で仮に患者が死亡したりすればそれは大問題となります。少なくとも鍼灸師はこれは病院へ送るべきか、自分の能力の範囲に入っているかを判断できるだけの知識や経験を持っているべきだということです。[E:club]


国民の一人でも多くが鍼灸などの伝統医学の効用を知り、理解ある医師と共に今よりもっと効率的な国民医療が実現する日は来るのでしょうか?いや来なければならないと思う。今でさえ国民の健康保健負担は巨額となり且つ満足できるレベルからは程遠いのだから。[E:wave]

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中