子宮内膜症といわれています。コメントください。

現代病といわれ、生理痛でも重篤なものはこの病名が付いていることが多いようです。昔は二十歳そこらで結婚し、程なく妊娠、子供が乳離れして、月経が再開するとすぐまた妊娠するというように、通常でも子供は5~6人或いはそれ以上いて当たり前でした。要するにほとんど月経として卵が排泄される暇もない状態が普通だったということです。今は女性が一生のうちに産む子供の数が一人多くて二人、或いは0という時代となり、避妊や晩婚も重なり、成人女性の経験する月経回数がかってと比べ格段に増えていることを指摘する専門医もいます。[E:basketball]


子宮内膜症は厄介な病とされ、一時ホルモン療法が喧伝されましたが、乳がん等のリスクが指摘され、国際的には推奨されておりません。[E:boutique]


子宮内膜が体のあちこちに発生し、月経と同じ活動を繰り返すことにより、激烈な腹痛や生理痛、排卵時痛、不妊等などその愁訴も多様です。多発的子宮内膜の発生、増殖を直接治すこと等到底この進んだという現代の医学でできることではありません。[E:bearing][E:faxto]


しかし、はり灸などの伝統医学ではすべての疾患はその本体たる人体の変調からもたらされるのであり、人体の気血陰陽のバランス調和を図って行くなら、子宮内膜症も自ずと改善すると考えます。[E:cherry]


嘘ではありません。本当に子宮内膜症なら、鍼灸や漢方などの目に見えない気血の調整を行う治療法で確実に快方に向かうものなのです。[E:smile]

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中