不眠症について

不眠症についても伝統医学は深い認識をもっています。「軽い誘眠剤ですから心配ありません・・・」的な処方のされ方ではなく、明確な症候分析に基つく原因を解決する根本治療ができるのが漢方です。[E:art]



  • 思慮が過ぎて心脾を傷つけたもの。

  • 心腎不交といって、腎陰虚がきわまり、人体の陰陽バランスが崩れ、心に熱が集まっている状態。伝統医学はこれを水と火の関係で説明しています。

  • 精神的な鬱屈が肝の陽気を興奮させ心神不安をもたらせている状態。

  • 心虚胆怯といって、物事の決断力が極端に低下し、おどおどと些細なことにも驚く状態になっていることがあります。

  • 夜食の習慣や、肉魚脂モノなどのご馳走の類を食べすぎ、宿食から痰熱を発生させ、胃気不和になっている状態。

等などそれぞれの症候病理を正しく把握して対処すれば、安易な睡眠薬の常服を免れることができます。[E:crown]


鍼灸治療は気の調整をその眼目とします。眠れない人の多くは気が上に昇り、胸に熱がこもっています。ご自分で足を触り、その手で胸や頭を触ってみてください。はっきりと熱さが手に感じられるでしょう。人体の陰陽バランスを整え、気血の調和を図ることで、不眠症も安全に回復することができるのです。[E:confident]


本物のはり灸治療ほどに、エコで、安全で、効果のある治療法を私は知りません。[E:happy01]

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中