WHOが代替医療を推奨する意味について

WHO世界保健機構が代替乃至補完医療を推奨している意味をよく考えてみたいと思います。[E:sun]


現代医療が日々高額化し、世界的に見て、国民の医療費負担が限界に来ているということがあります。たとえ高額であろうともそれなりの効果や満足感があるならば納得できるのですが、負担の割には満足度が少ないという先進国での現状、それに途上国ではあまりにも巨額の費用のかかる医療では現実味が薄いという二重の意味で上記の代替医療推奨の呼びかけが始まっているわけです。[E:cat]


それほど費用がかからずに、且つ患者の肉体的負荷が少ないくて、効果が確かに確認できる方法があるならそれに越したことはないはずです。さらに、健康度をたかめ、病気になりにくいからだや疲れを溜めない生活の工夫や知恵が獲得できるなら大いに国民の健康レベルが向上し、結果として病院にかかる人数が少なくなり、その分より丁寧で納得できる医療サービスの実現が可能となることでしょう。[E:mobaq]


要は国民の意識レベルの問題なのです。医療産業には医療産業の利害がありますからどうしてもその主張にある種のドライブがかかります。国民は冷静に物事の真実を見抜く見識がいるのです。民主主義の政治は国民の意識レベルを超えることはできません。国民が自分で努力し自己責任を取ることを嫌うならば、政治が人気取りに堕してゆくのも無理はないのです。[E:eyeglass]


一人ひとりが普段から、いのちのはたらきの霊妙さに気付き、ヒトのからだの本質をより深く理解していた伝統医学(漢方やアーユルベーダなど)の知恵を学び、自己防衛のスキルを磨いておくことが必要だと思います。[E:wink]


広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中