頭痛で悩んでます

頭痛は急性と慢性の頭痛に分けられます。外感といって感冒とか風邪をひいたときにゾクゾクとした寒気や咳、喉の痛みと等とともに頭痛を経験することは多いと思います。インフルエンザであれ一次疾患が治れば、随伴症としての頭痛も消滅します。ここでお問い合わせの頭痛はそうではなく、普段から時々起こる頭痛で、月経痛などとともに鎮痛剤を繰り返し服用しておられる、いわゆる内傷頭痛といわれるもと考えられます。[E:book]


内傷頭痛というのは五臓の陰陽バランスが崩れ、気虚気滞、陰虚、血虚、痰飲、?血等のために頭部の気の流れが阻滞することで発生します。単に痛め止めで痛みが緩和させれば済むものではなく、正しく原因をさぐり、その原因を解決することが根治させる道です。[E:signaler]



  • たとえば、眩暈やイライラむかむかしやすく、夜ゆっくりやすむことができない、脇もなんだか痛いような場合は肝胆の気が鬱滞し、火熱の傾向にある肝陽頭痛と考えられます。

  • 動悸がして顔色も悪く、疲れやすいし眩暈もするなら血虚頭痛かもしれません。

  • 頭が被さったようでボーっとした感じ、胃の辺りがスッキリせず、痰涎がたまって気持ち悪いひとは痰濁頭痛です。

  • ?血頭痛は錐で刺すような痛み、痛むところは固定していて変わらない、舌を見ると?血の所見が診られたりします。

慢性の頭痛の場合、必ずその他にも症状があります。はり灸の治療は単なる痛め止めではありませんから、持ち越していたその他の不調も同時に改善することになります。[E:happy02]

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中