シリーズ更年期 その4

更年期をヒトの一生に必然的に起きる、気血陰陽バランスの崩れを生体が必死に調整しようとしている姿として捉えるなら、性ホルモンの注入などという直接的且つ微視的な方法ではなくもっと大局的且つ合目的な処置法が採れることに気付くのではないでしょうか?[E:paper]


伝統的なハリ灸治療の本領は気の調整による陰陽バランスの回復にこそその真骨頂があるわけで、更年期だけが得意なのではなく、もともとからだの不調は気血陰陽の不都合から出発するかぎり、高度な設備もいらず、薬も使わない安上がりで安全な治療法として、国民の健康と保健に果たせる可能性は人々の常識を超えるものと思います。[E:notes]


月にアポロが到達してすでに40年。目覚しく発達した人類の科学と技術。私の少年時代、昭和30年代でしょうか、今から比べて随分貧しかったけれど、はるかに豊かな思いやりや家族愛、美しい水や自然、落ち着きや心の豊かさが満ちていたような気がします。車はもちろんテレビもなかった。でも、今日のような心の寂しさは少なかったのではないでしょうか?何が変わったか?価値観です。敗戦後、アメリカの価値観に日本人がふれ伏してモノの豊かさをひたすら追い求めてきた結果が今の姿だと思うのです。[E:mist]


広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中