シリーズ更年期 その5

本来、老化は命あるものの必然であり、自然の姿そのものですから、障害になるということは自然の流れに逆らっているのではないかと振り返ってみるチャンスでもあるのです。もちろん社会生活を営んでいる限り、時代や環境の影響を受けざるを得ず、個人の力ではどうにもならないことも多々あることでしょう。人間として生まれてきた以上已むを得ざることかもしれません。それゆえに、心と体の関係をより深く洞察する漢方医学やアーユルベーダ医学などの伝統医学に学ぶところは多いはずです。[E:event]


それなのに、体は体だけで物質科学的な方法のみで解決できるという前提に無理があるのです。いま、医療崩壊といわれます。私にはさらにどれだけのお金をかけても人々の満足する医療が実現するとは思われません。人々が自助努力もせず、体の不調は何でも病院へ行けば治るなどとノー天気な考えで、いざ病院にいってみるとやれ待たされる、不親切だ、治りが悪いなどと不平不満ばかりでは、医療従事者の方たちもやりきれないことでしょう。もっと自分たちでできる健康法や自助努力を促す啓蒙が必要なのです。[E:wink]


専門家でなければ到底わからない難しい知識でなく、誰でもが理解でき応用できる身体の健康度をたかめる方法や、風邪位は家庭で治せる台所薬局の知識など等・・今こそ伝統医学の知恵を活かすべきなのです。要するに何でもかんでも医者に頼りすぎるなということです。これでは医者が足らなくなって当然でしょう。必要なときに診て頂けるように、お医者さんにはもっと余裕がなくてはなりません。[E:pisces]


この国の医療をどうするか?もっともっと議論をする必要があります。[E:heart]


話を元に戻しましょう。更年期のお話でしたネ[E:enter]

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中