自律神経失調症について

自律神経失調症といわれて何となく納得した?或いは腑に落ちない顔で来院される患者さんは多いものです。[E:think]


自律神経失調症ですというのは・・「私にはよくわかりません、だから治せるかどうかも解りません」ということと同じ意味ですよということにしています。体調不良でいろいろ症状があれば自律神経の乱れがあるに決まっています。そんなことは専門の先生にわざわざ教えてもらうまでもありません。その自律神経失調状態を治すことが治療ではありませんか?[E:bleah]


「私の病は自律神経失調だからそうたやすくは治らないでしょう」とまるでハリ灸院ゴトキで治ったりしたら困るような言い方をされる方もいらっしゃいます。笑っちゃいけない[E:wink][E:shock]・・・


心臓の拍動や、体温調節、咽もと過ぎれば熱さを忘るの咽から直腸までの消化吸収活動、腎肝脾などもろもろの内臓の生理活動等々はすべて本人の意思とは関わりなく、生命中枢が最適な調整を瞬時も怠ることなく指令を出し続けているからこそ私たちの生命が維持されていることはよくご存知のことだと思います。[E:snail]


自律神経失調症があたかも治らないことの言い逃れのように使われている理由は、現代医学にとってこの自律神経をどうこうするということが最も苦手な分野だからなのです。そして、幸いなるかな、ハリ灸治療をはじめとする伝統療法こそは自律神経を調整し自然治癒力を発揮できるような健康体に近づける最とも有効で、患者にとって負担の少ない方法なのです。[E:good]


何でもいいです。自律神経失調症といわれたら、もしくは言われなくとも自分でそう思ったら鍼灸院を尋ねてください。但しこの(自律神経を調える)治療は痛いのはダメです。必ず痛くない、気持ちのよい治療のできる治療家を訪ねてくださいね。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中