人間をどうとらえるか?からだ、こころ、霊体

身体が心の影響を多大に受けることはよく知られています。キリスト教やイスラム、ヒンズーなどの教えが一般的に普及している、ヨーロッパ、アメリカ、中東、インドなどの人々はbodyからだ,mindこころにそれらの主人公としてsoul霊体を想定することにあまり抵抗感はありません。[E:xmas]


今の日本人で霊とか霊魂とかを語ろうとすると、宗教?と何か色眼鏡で見られるのではないかと、憚られるのではないでしょうか?本来、日本の古神道ではSOULに当たる言葉としてタマとかミタマとかいって、古い時代の日本人にとってはごく普通の概念であったはずです。[E:yacht]


明治維新後の近代化はひたすら実学といわれる分野のみを選択的に移入したものでした。今日、日本人はヨーロッパが切り開いた近代合理主義や資本主義を先達以上に達成し、世界第二の経済大国といわれてすでに40年あまりの時が過ぎました。今年は中国にその座を奪われ今後はますますその地位が低下するといわれています。[E:penguin]


その意味では確かにエポックを画す歳となるのでしょう。この機会に、人間の幸福とか生きることの意味、存在の意味、人間とは何かについて皆さんと討議しましょう。[E:wink]

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中