9割の病気は自分で治せる

これは岡本裕医師が昨年初に出された本のタイトルです。[E:sun]


わが意を得たりとはこのことで、出版後一年半もたってやっと読ませてもらった私の情報の遅さや貧困をあらためて認識したところです。さて、三十数兆円の国民医療費はハリ灸治療やその他伝統医学の知恵や知識を活用すれば半減するとこのブログでも少々遠慮しつつ呟いてきたのですが、医師の立場でちゃんとまともな意見を公然と発表される先生もいるのかとうれしく思いました。皆さん是非読んでください。中経出版の文庫版です[E:baseball]


高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満症、痛風、便秘、頭痛、腰痛、不眠、各種アレルギー疾患、自律神経失調症など等、治りもしない薬をもらいに病院通いをするのをやめて、価値観や人生観を改め生活習慣を正しさえすれば(そして本当に治す治療のできる鍼灸などの治療を受けることができればもっと効果的なのはいうまでもありません)三時間待ち三分診療と悪評高い大病院の混雑はなくなり、本当に必要な患者に必要且つ充分な治療が医師により施される条件が整います。何よりも長年の疾病の悩みが解消されます。[E:bleah]


自分の健康や命は自分の責任で判断すべきものなのに、他人である医者に全面的に任せきるなどしたらそれこそいいカモになるだけという岡本裕先生のお話に頷くしかありません。[E:aries]


医者も本当はちゃんとした医療をしたいのに、現行の保健システムがそれを許さない。そのシステムで潤っている既得権者が改革を阻んでいる。なによりも国民の多くが(患者の8割以上が)自助努力をしないで何時までも安易に医者のお得意さんになりたがる・・・生活態度や生活習慣に起因する疾病やその予備軍は意識や生活そのものを改めることで解決してゆくべきもので、無意味どころか長い目で見れば必ず害をなす薬の連用は極力止めるべきだ。・・[E:diamond]


同感です。本当に社会をよくしようと思うなら、ただ政治や政治家におねだりしたり批判したり要求するだけではダメなのです。自分自身が変わらねばなりません。他人頼みや他人の請売りでなく、自分の判断で、自己責任で行動する必要があります。医療も同じです。


広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中