ハリ治療に副作用はないのですか?

薬物の副作用についてはあって当然、名医はその副作用を含む薬物の特性を熟知したうえで治療効果の極大値を追及するものと言われます。

そのような意味での副作用というなら、気血陰陽を調整する伝統療法としてのはり灸治療に副作用ということはあり得ません。

例えば本態性高血圧を訴える患者に如何なる種類の降圧剤を処方しても必ず何らかの副作用はあるものです。この必ず副作用があることの本質的意味について深く考えてみなければなりません。それは要するに現代医学が探求できた病因なり病理が不完全だからなのです。究明された原因のその奥にそのような要因を惹起した更なる原因があるので、中途な要因を如何に解決しても根本の原因が解決されない限り、症状が改善しなかったり新たな症状や病が発生することになるのです。この根本の原因を把握するかどうかにおいて、伝統医学の価値が見いだせるということになります。

少なくとも私たちのいう”気の調整”を行う治療である限り、副作用は起こり得ないのです。血圧が適性値になるだけでなく、頸コリや肩こり、目の疲れ、気分のイライラや頭痛やのぼせ等の随伴症状は同時的に改善します。むしろ個別的な症状が別々の原因で発生していると考えること自体が間違いというべきです。

もちろん診断を誤ったり手技が未熟であれば、よくない結果が起こりえます。これは誤治ですから副作用とは言いません。程度によっては責任を問われて当然です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

最近物をかむと音がする・・顎が変です

いつもの患者さんが、病院へ行ったほうがいいでしょうか?とお尋ねになりました。
「50代を過ぎると腕を振ったりすると肩関節が鳴ることがあるでしょ?顎が鳴るのもそれと意味は違わないのです。」と答えました。
 怪訝な顔をする人があるかもしれませんが、多くは肝臓の働きをよくしてやれば肩であれ膝であれ、顎関節であれ、関節組織の弾力が改善し、改善します。ハリ灸では訳も無いことなのですが、多くの人は知らずになかなか治らないと悩んでいるのではないでしょうか?
 何でも治るというと、ヘンに思うかもしれませんが、当然といえば当然なんです。顎とか肩とか症状は部分的にしか表現されませんが、そのような症状をもたらす原因は必ず全身的な気血陰陽の崩れがあるのですから、それを調整した上で患部の気の流れをよくするように治療すればすぐに解決するということなのです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

レーシック後の目の違和感も改善します

レーシック処置ですっかり視力が改善して喜んでおられる方が多いようです。視力の改善に画期的な技術であることがよくわかります。その術後の違和感に鍼灸治療がとても効果的なので大変喜ばれています。レーシックに限らず、眼病一般に気血のめぐりを改善したり、人体の陰陽バランスを調整することで目の疲れやカサカサ感、赤眼、涙目、差明など急速に改善します。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

哀しみと将来への不安に直面しているすべての人たちへ

悲惨な大震災の被災者の方はもちろんのこと、直接被害にあわなくとも日々の報道、解決のめどさえ見えない原発事故の先行きに、誰もがどす黒い暗雲の中にいるかのようです。そのため体調が思わしくなくと感じている人が多いのです。このような時こそ気の調整のできるハリ灸などのやさしい治療が有効なのです。今すぐでも今すぐでも一緒に救援活動にいける方いませんか?どうか連絡ください。kawaisoutendo_acu@yahoo.co.jp まで

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

すべての人に読んで欲しい「奇跡の」りんご」

幻冬舎からちょうど二年前に出た本です。津軽で無農薬無肥料でりんごを作ることに挑戦した木村秋則さんの物語です。読んで、不覚にも感動あまり滂沱の涙を禁じえなかった。日本人はもちろん世界中の人々に読んで欲しい本です。りんごもヒトも同じことで西洋医学的な現代の医療が抱える問題もすべてこのなかに解決の処方箋があることに気付くはずです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!

カテゴリー: Uncategorized | 1件のコメント

新しい価値観を!

失われた20年!と、日本の衰退が叫ばれて久しいわけですが、わが国の今日のあり様はかのバブル崩壊に始まったわけではありません。むしろそのもっと前の成功といわれていた時代においてすでにその萌芽はあったというべきです。[E:flag]


変わり身の速さ、簡単に権威や力に迎合し、あまり根本的に物事を考えない、「赤信号でもみんなと渡れば怖くない」的な生き方はずばり多くの日本人の本質をとらえていると思います。もちろんいい所もあるわけで、適応力や工夫、争いを好まない温和な性格はこの国の風土のなかで育まれたものと思います。[E:cancer]


偶々古本屋さんで見つけた山本七平による30年も前の著作に、太平洋戦争での日本の敗因を見事に分析列挙してあり、氏の悔しさが読者にも伝わってくるような気がしました。[E:signaler]


バブル以前とはいえ成長著しい当時の日本にあって、かの敗戦が日米彼我の物量の差ではなくもっと根本的な日本人の思想的な貧弱さやそれに基づく傲慢さ等々本質的なところで完膚なきまでに負けていた・・そしてなおそれらの本質的な性癖が反省されることも無く蒸し返されている事を指摘しておられたのです。[E:bell]


自民党による‘財政出動による過去最大の景気刺激策’を繰り返すことで今日の惨憺たる財政状態を招いてしまった愚策・・・。赤字国債で大盤振る舞いする子供手当てや農家所得保障に高校授業料・・・はことの本質から目を背けた愚民政策であることに私たち国民一人ひとりが気付き、一日も速くやめさせることが肝要です。[E:angry]


借り物でなく自分たちの本物の価値観を持つこと無くして、国の将来は無いものと思います。質実剛健、貧しくとも今あるものを大切にし、助け合い、日々感謝と喜びを持って暮らしてきた日本人の美風をもう一度学び返すことも大切です。モノや金を求めても資源もマンパワーでも周辺諸国に到底適わない時代になりました。経済成長なければ人々の幸福は望めないのでしょうか?老人がふたことめに医療に対する不安を言いますが、そんな安心の医療など世界中どこにもあるわけがありません。生死の問題を自分の問題としてとらえることも無く、自助努力は後回しの専門家頼みでは永久に満足いく医療など達成されることはかないますまい。[E:snail]

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ